1/5

[ 一期一会 ]~楽しい例会を~

MESSAGE

​会長からのご挨拶

第66期運営方針
​会長テーマ
「温故知新」
“ふるきをたずねあたらしきをしる“

2021-2022年度

会長

梅田 照夫

伝統ある多治見ロータリクラブ66期の会長を拝命し、その重責を感じ身の引き締まる思いでおります。世界中を折檻したコロナ禍もワクチン接種の実施が進み新型コロナ感染拡大が収束に向うことを願い、今期のクラブ運営が通常どおりに実施できることを、また7月23日からの東京オリンピック、パラリンピックの開催が無事成功のうちに終わることを心より願っております。

さて今期、国際ロータリー会長のシェカール・メータさんは「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」、また第2630地区ガバナーの浦田幸一さんは「常に超我の奉仕を胸に」をテーマに掲げておられます。お二人とも利己のない奉仕、“利他の精神”で、奉仕活動を実践しようと語っておられます。

当クラブの66期のテーマとして「温故知新」とさせていただきました。

私にとってロータリーは入会当初より自己研鑽の場であり、諸先輩からも色々勉強させて頂きました、当クラブには66年の歴史があり、先人たちの教えを学ぶ機会も多く、新たな知見、発見で人生の指針ともなりました。“温故知新”の格言は物事の基本でもあると思います。そしてクラブ活動に於いては、互いに研鑽を積み“利他の精神”で奉仕活動の実践に取り組んでいきたいと考えております。

この一年間が楽しく潤沢なクラブ運営を進めていけることを願っておりますが、私の会長としての力不足は否めません。是非とも皆様のご指導、ご支援をいただきながら精一杯頑張っていきたいと思いますので、どうかこの一年間、宜しくお願い申し上げます。

 
MESSAGE

​幹事からのご挨拶

第66期クラブ運営計画

幹事

笠鳥 早苗

 この度伝統ある多治見ロータリークラブ第66期幹事を拝命し、改めてその重責に身の引き締まる思いでおります。

 今期梅田会長の掲げるクラブテーマ「温故知新」に添い、皆様のロータリー活動が有意義なものとなるよう、円滑なクラブ運営に尽力いたしたいと存じます。

 在籍年数も短く経験も浅い私に日頃よりご指導くださいます皆様に感謝の気持ちを忘れることなくこの1年精一杯務めさせていただきますので、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

1. 理事会

1)定例理事会は毎月第一例会前に開催いたします。また、必要に応じて臨時理事会を開催することがあります。

2)クラブ運営に関する諸問題並びに各委員会の活動計画及び予算執行の審議・決定を行います。

2.例会

1)例会は、毎週水曜日12時30分より13時30分まで多治見市産業文化センター4階研修室で開催いたします。ただし、理事会の決議を経て、日時・場所の変更またはやむを得ず休会とすることがあります。

2)RI会長テーマ「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」のもと、ロータリー活動に積極的に参画し、会員相互の理解と親睦を深め奉仕の精神の実践に努めます。

3)毎月第一例会を「お祝い例会」といたします。会員相互の親睦を深めるよう努めます。

4)通常例会における卓話等の行事は、担当委員会がプログラム委員会と検討し、当該例会前の理事会に提案の上実施します。

5)会員に報告を要する事項は、ウィークリーおよび例会の報告事項で周知します。

また、ホームページの活用等を推進します。

3.委員会

1)各委員会は、自主的かつ積極的に活動計画を立案し、十分に討議してこれを実施します。活動計画実施のため、必要に応じて委員会を開催します。

2)各委員会は、活動計画に基づいて実施する行事について、事前事後に理事会及び例会で連絡・報告をします。報告者は理事会では担当理事、例会では委員長または副委員長とします。

4.会計

1)会計は、クラブ定款、規定に従い正確に処理します。収支に関し月次報告書を作成し、役員に報告いたします。また、半期毎に会計報告書を作成し、理事会に報告し承認を得ることといたします。